目指す方向性を定めるために必要なこと。目的と目標の違いについて。

2018年、新年を迎えて新たな気持ちで目標を掲げた方も多いと思います。
と、いう記事を昨日書いたわけですが、
昨日は、目標を書くなら具体的に!100個掲げて、具体的なイメージがつくようにしませんか?という記事を書きました。
今日は、目標を掲げるにあたってもう1つ大切な視点。
『目的と目標の違い』
わかりますか?
説明できますか?
企業に勤めている方なら、どんなプロジェクトでも関わってくるワードなので、当たり前といえば当たり前のことなんですが、、
ここの認識について、改めて明確にしておくことって大切です。
目的とは、最終的に実現しよう、成し遂げよう、到達しようとして目指すもの。めあて。
目標は、目的を実現させるために、さしあたって到達しようと目指すものをいう。
つまり、『目的』を達成するために、『目標』を設定して、1つ達成したらまた次の『目標』を作って。
どの目標も、目的を実現するために存在するんです。
これ、どこで何を行う際にも、とても大切なこと。
単純に仕事だけの話じゃなく、たとえばPTA活動や友人と立てる遊びの計画やなんかでも、ここがしっかりしていると、何が必要か、どこに行くか、クリアになって揉めることも減りますよね。
私の例を挙げると、私は夏休みや春休みなどの長期休暇を利用してキッズクッキングを行っています。
キッズクッキングを行う目的は、
料理が上手になるため? いいえ、違います。
お母さんのお手伝いができるようになるため?
いいえ、残念ながら違います。
この2つは、いずれも目標。
目的を実現させるために、目指すもの。
私が行っているnijiiro*cafeのキッズクッキングの目的は、
自分や他人、そして身の回りに興味をもつ
です。
(目的について、詳しくは次のブログで書きます♪)
そのために、
・おうちで1品作れるようになろう
・包丁使いを覚えよう
・野菜の名前を知ろう
など、目標を設定しています。
目的、目標。
どちらも、どちらにでもなれます。
だからこそ、最終的に目指すところ、それに向けて今必要なことを設定するのは、ブレない自分軸を作るためにも大切です。
目的。
目標。
2018年の初頭に明確にイメージを作って、再確認してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です