キッズクッキング@大田区東馬込教室 レッスン開講しました!

キッズクッキング

7月27日、大田区東馬込にある、株式会社キタセツ様にてキッズクッキング教室を開講いたしました。

4歳~9歳まで、3組6名の親子にご参加いただき、『お鍋1つでできる、トマトグラタン』を作りました。

料理に普段慣れていらっしゃらないお子さまも、積極的に活動したくなる様子をご紹介いたします♪

 

2017年夏 キッズクッキング@大田区東馬込教室のテーマと献立

テーマ 【親子で心地よく、料理の時間に触れてみよう!】

『子どもと一緒にキッチンに立つ』

考えてみると、そう難しいことではないですが、実際はなかなか大変なもの。

限られた時間の中での調理。子どものお手伝いは嬉しいけれど、時間は余計にかかるし、いつも以上に汚れるし、ゆとりを持って接したいけど、ついイライラしてしまったり。。

だけど、子どもたちがやりたい!と感じたときの好奇心、エネルギーってとても高いんです。

そのキラキラとした、『やりたい!』エネルギーの中で、親子で料理を楽しめたらステキですよね。

nijiiro*cafeのキッズクッキングでは、主役は子どもたち。

料理のお手伝い、ではなく、子どもたち自身が料理をやるのです。

彼らが主役。

食材に触れて、調理して、味見して・・

五感を通して感じていただく、キッズクッキングレッスンなのです。

 

保護者のみなさまは、お子さんの行動にハラハラするかもしれませんが、「親子で心地よく」調理の時間に触れていただきたくて、レッスン内容を構成しています。

 

メニュー

・お鍋1つでできちゃう、簡単トマトグラタン

・寒天で♪オレンジゼリー

 

導入から調理、片づけを含めて90分の中で、子どもたちがほとんど1から作りました♪

トマトグラタンも、オレンジゼリーも、お鍋1つあればできちゃう簡単メニュー。

少し大きなお子さんですと、片づけも1人でできちゃいますね♪

 

トマトグラタン

 

 

 

「たのしい!」「やってみたい!」に理由はいらない

キッズクッキング

 

やりたいことはやる。

やりたくないことは、やらない。

子どもって、とてもシンプル。

 

「そんなこと言ってられるのは、子どものうちだけよ」って声がとんできそうですが、

私は思います。

「大人もそれでいいんじゃない?」

(このあたりの話は、当記事のテーマから内容がそれちゃうので、また別記事で♪)

 

話を戻して、

やりたいことが、その時できる子どもたちのパワーって底知れないものがあるんです。

「え?こんなこともできちゃうの?」

ってことができたり。

そんなときに達成できたことは、後々まで覚えていたり。

 

そのかわり、やりたくないときに、「やりなさい」って促されるのはストレスでしかありません(笑)

気分がのらないときは、もうやらない、やらせない方がいいと思います。

トイレトレーニングもそうですよね。

月齢がきたから、入園が近いから、と、こちらでタイミングを合わせても、なかなかうまくいかなかったりするものです。

トイレに興味をもって、やってみたい!と本人が思った時にやる方が、案外時間がかからずすぐにできちゃったり。

 

巷には、「やる気を出す」「やってみたい!を増やす」子育てセミナーが数多くありますが、私なりの持論は、

「子どもたちが、やりたいとき、楽しいとおもったときの学びに勝るものはない」

「やりたい、楽しい、に理由はない」

ということです。

 

私の場合は、キッチンを舞台に、ピカピカ新鮮な食材たちを用意して、楽しい仕掛けを作ります。

切って、形が変わった食材たちを、下ごしらえしたり、加熱したり・・・

食材は形を変え、香りを漂わせて、美味しいものに変化していく・・・

調理の過程、丸ごと遊び心で楽しんでもらえたら幸せです。

 

ワクワク焼き上がりをまつ

オーブンの前で、ワクワクグラタンの焼き上がりを待つ子どもたち♪

 

見守って、自然なサポートをしてくださった保護者のみなさまのおかげで、今回も楽しくキッズクッキングを終了することができました。

 

ありがとうございました。

保護者さま方からいただいたご感想

*包丁を慎重に扱ったり、皆で順番に炒めたり。母は、じれったかろうと優しい眼差し(忍耐?)で見守ることも学びました。自分が手掛けた料理は飛び切り美味しかったようで(実際、絶品でした!)、とても誇らしげでした。高橋祐子先生、ご一緒したみなさん、ありがとうございました。(5歳男児のお母さま)

*短い時間でしたが、とても勉強になりました!!皆さんとは初対面なのに、和やかな雰囲気に娘も気に入ったようでした。子供達、積極的に行動していましたね、感動しました!(9歳女児のお母さま)

*先日参加した親子クッキング教室をおさらいがやっと出来ました!刻んだ玉ねぎをザルに移す時に包丁をどうしておくか声掛けしようとしたら、「使わない時はまな板の上の方に背を向けて置くんだよね」と髙橋祐子さんに教えてもらった基本を、娘が自発的に思い出してくれて言うもんだから私がビックリ!
そして、子どもと一緒にやってると、どうしてもせっかちな私を沢山見つけて…ふとそんな時に旦那さんも食卓で昔からタマネギが目にしみる、ネギもしみたりしない?とトークに加わり…この世間話しながらな空気感ののんびりキッチン、いつもないから憧れてたものそのもの。親子クッキング、ご一緒した皆さま、ありがとうございました。(4歳女児のお母さま)

オレンジゼリー作り

まとめ

株式会社キタセツ様レッスンの醍醐味は、なんといっても最新のキッチン設備の中で、異年齢の子どもたちに快適にクッキングしていただけること。

子どもたちそれぞれ、できることは違いますし、

「異年齢だと料理ができる子に作業が偏ってしまうのでは?」

と、ご心配になるかもしれません。

 

キッズクッキング

でも、実はそんなことはありません。

キッチン作業は、工夫次第で小さな幼児から小学生のお兄さん、お姉さんまで楽しみながら行うことができます。

苦手な作業に、幼児たちが苦戦していても、隣でサクサク作業する小学生に

「大きくなったら、あんなふうにできるようになりたいな」

と、憧れの気持ちを抱いたり。

そんな気持ちを受け止めた小学生たちは、幼児たちが作業しやすいように工夫を凝らしてくれたりするのです。

今回も、玉ねぎを涙を流しながらみじん切りにした小学生のお姉さんを見て、

「私も玉ねぎを切ってみたい」と、5歳の女の子が帰り道に話してくれたそうです(お母さま談)

後日、トマトグラタンを自宅で作られた際、玉ねぎで目がしみる体験をして、目がしみるのにニヤニヤしてたそうです(笑)かわいいですよね♡

そうやって、子どもたちは、子どもたちの中で全力で関わり、体験を重ねて学んでいく。

私は、そこにいるだけ。

ほんの少し、必要なサポートをするだけ。

8月に続く、キッズクッキングも、今から楽しみでなりません♡

今後のキッズクッキング教室 レッスン日程

〈幼児クラス〉

【日時】8/2(水) 10時半~13

『フライパンでお手軽なパンを作って、ワクワクパーティをしよう』

【場所】nijiiro*cafe(大田区新蒲田・西六郷方面)

お申込みいただきました方に、個別で詳細をお伝えします。

【料金】 3,500円(親子1組さま オリジナルレシピ付き)

定員】 6 ➡満席 ➡ 残席2組

【お申込み】お申込みは、こちら専用フォームよりお願いいたします。

8/1 12時まで、申込み受け付けます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です