きょうだいゲンカは、親にとって試練の時。親として鍛えられる絶好のチャンスかも♪

子育て真っ最中の時期に、イライラせずに一日を過ごすこと。

これがまぁなんと難しいことか、と思わずにはいられない日が続いております。

8歳長女と、6歳年長息子、4歳年少娘のケンカが、本当にひどい毎日(苦笑)

ケンカというか、小さなことに、大きく怒りをぶつける事案が多数発生している状態です。

 

きょうだい遊び

本当に小さなこと。

たとえば、おやつに切った梨が、どれが大きい!○○ずるい!!って、

今までなら小さな小競り合いで済んでいたのが、取っ組み合いのケンカに。。

しかたないので、計量器を出して、計測しながら梨を切ったり、ブドウですらグラムを均等にするために3等分している今日この頃です。

まぁこれくらいなら、なんとかなるんですがね、

通りがかりに当たってきて痛かった!って叩き返しに行ったり、

作りかけのパズルや積み木にぶつかって、ぐちゃぐちゃにされたーー!って大声で怒ったり、、

要は、疲れているんですよね。

小学校も幼稚園も、運動会の練習真っ最中なので、緊張しながら頑張っているんでしょう。

今までなら我慢できていたことが、疲れもあって我慢できなくなる。

怒りのボーダーラインも、一気に下がっちゃうんだろうと思います。

疲れやら怒りやらが入り交じり、なんだか夕方~夜は不穏な空気が蔓延しているたかはし家なのです。

そんなイライラをいっぱい浴びていたら、私もギャーーって怒りたくなるわけです。

普段、バランスが大事です、なんてほざいてますが、私も感情ある人間なので。

しかも、もともとそんな気が長い性分ではないので、

「いいかげんにしなさーーい!!」って叫びたくなるのです。

でもね、もやもやとダークな空気が渦巻いたところに、イライラという爆弾を放り込んだら、もっと視界が悪く黒くなって、見えにくくなります。

それはもったいない!と激しく思うのです。

イライラに、イライラで返したら、それを子どもがみてきっと近いうちにおんなじことをする(苦笑)

そんな負のループが続く未来はいらない。

こんなときこそ、自分レベルを上げるチャンスだと思うようになりました。

 

イライラする気持ちをふうううーーーっと深呼吸で吐き出して、笑顔で話しかける。

『今、落ち着く香りのアロマ焚こうか』

『ジャンボじゃんけんで、勝った人の本から読もうか?』

『おもしろい写真撮ろーー』

って、もうなんでもいいんです。

とにかく、その場に少し光を入れる。

どんなケンカしてても、話題をがらっと変えちゃう。

とにかく笑顔で、作り笑いでもいいから笑顔で

  ↑ここがミソ♪そして、これが修行だと思う・・

子どもたちが笑っていなくても、自分は笑顔で。

 

場が少し明るくなれば、イライラもいつのまにか軽減しているものです。

それだけで、その日の夜はぐっすり寝てくれるんじゃないでしょうか。

少なくとも、イライラ・モヤモヤをひきずったまま、布団に入らなくてよくなります。

 

少し前の私は、課題解決しなきゃ!という意識が強くて、

子どもがケンカしていたら5W1H、つまりいつ、どこで、だれが、何をして、なぜケンカになってどうしたか、を細かく聞いていました。

そうすることで、次は同じ事でケンカしないように、と。

いやいや、そんなん無理なんですよね(笑)

子どもだもん。

イライラするポイントはだいたい同じだし、だいたい同じことでケンカするんです。

突き詰めて納得しても、同じことで翌日またケンカになります。

そう気づいてからは、原因を突き詰めることは止めました。

(あくまで、きょうだいゲンカの場合です)

きょうだいゲンカが勃発したときは、自分の人間力を上げるチャンスですよ♡

 

*今後のイベント* 各イベントから、リンク先にて詳細・お申込みが可能です

【残席2】

10月スタート!自分のために、家族のために学ぶ自然食・発酵食料理教室10月スタート

 

【残席2】

10/11(水)12:30~軽食付きキッズクッキング開催します♪

 

1人1人に合わせたヨガポーズを・・イシュタヨガのレッスンスケジュール(9・10月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です