【レシピ】ピクルスで作る、白身魚のマリネソテー

前回のブログにて、にじかふぇで大人気の常備菜、ピクルスの作り方をご紹介しました。

今回の、ピクルスを漬けた後のピクルス液を用いたアレンジレシピの第一弾。

白身魚のマリネソテーをご紹介します。

 

このレシピは、にじかふぇレシピでピクルスを作った方向けのアレンジレシピです。

ピクルスのレシピは、にじかふぇで大人気の常備菜、ピクルスの作り方をご覧ください。

自然栽培の野菜で作るピクルス

 

ピクルスをアレンジ♪ 白身魚のマリネソテー

(材料)   2人分

★ピクルス粗みじん切り  大さじ4

★ピクルス漬け汁      大さじ3

★おろしにんにく      小さじ1/2

★カレー粉         小さじ1

 

・白身魚の切り身  2枚   ※白身魚なら、なんでもOK♪今回はカレイを使用しました。

・ピクルスの漬け汁  50~60cc(切り身がかぶる程度)

・小麦粉        適量

・トマト        1個

・オリーブオイル  大さじ1

・イタリアンパセリ  飾り程度

 

 

(作り方)

《下ごしらえ》カレイの切り身は、キッチンペーパーで水分をよくふき取り、ピクルスの漬け汁に漬けて15分以上置く。

①トマトを角切りにしておく。ピクルスを粗みじん切りにしておく。

②★の材料をよく混ぜ合わせる。

③カレイの切り身の水気をふき取り、塩・こしょう(分量外)を振り、小麦粉をまぶす。

④フライパンにオリーブオイルを入れ、中火にして③を両面よく焼きつける。

⑤④のフライパンに、②を加えてさらに炒める。角切りにしたトマトを加え、全体を合わせるようにして炒める。

⑤お皿に盛り付け、イタリアンパセリを飾って出来上がり。

 

 

このレシピは、白身魚がおすすめです。

お肉の場合は、鶏肉や豚肉が美味しくできます。肉類は漬け汁に1時間程度漬けておくと、ピクルスのお酢効果でしっとりふっくらした触感になり、味も染みやすくなります。(鶏胸肉や豚ももも、繊維がほぐれてしっとり柔らかくなります)

ピクルスは、ハーブとの相性が抜群なので、ドライハーブ(オレガノ、バジル、タイムなど)をトマトソースに絡めてもとっても美味しいです。

 

ぜひお試し下さい♪

 

 

*今後のイベント*

11/6(月)  ヨガ レッスン

11/10(金) なりたい自分になれるメイク会

11/15(水) mama’s kirakira market@大田区アプリコ 小ホール

11/16(木) 発酵食 料理教室@キタセツさま

11/17(金)  にじかふぇランチ会

11/24(金) ヨガ レッスン

11/27(月) フリーマーケット出店@まなび舎nori

11/29(水) ヨガ レッスン

 

詳しくは、nijiiro*cafeHP カレンダーよりご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です